タグ別アーカイブ: 動物・ペット

動物たちとソウルの関係

ペットは鏡

ペットは飼い主のソウルを映す鏡

 

ペットにもソウルケアは有効です。
最近、こんなことがありました。

 

僕は、眠ってから目が覚めることは
通常はほとんどないのですが、
この日は珍しく真夜中に目が覚めました。

 

我慢できない程でもなかったのですが、
目が覚めたついでトイレに行って戻ると、
愛犬のマルが枕元に「這って」きました。

 

肩回りから前脚の筋肉が収縮してしまって
動けなくなることが時々あり、
その症状がでている時の動きでした。

 

人間で言えば、ふくらはぎだけでなく
両脚全体が同時につっているような状態です。
(想像するだけでツラいですよね…)

 

睡眠中

 

この症状、マルもかなり苦しいはずですが、
一言も発しないので
眠っていたら僕は絶対に気付きません
なので目が覚めていて良かったです。

 

マルの傍に座ると
とにかく、なんとかしてほしかったようで、
自分から膝の上に這いあがってきました。
でも、症状の部位に触ろうとすると、
ものすごい険相で唸られます

 

通常この症状が出た時は、
めちゃめちゃ怒って吠えられるのを覚悟で
前脚にストレッチをかけるのですが、
隣では妻も寝ているし、真夜中だし、
あんまり大声で吠えてほしくはありません。

 

そうは言っても状態を把握しないと
適切な手が打てないので検査も必要ですし、
調整も必要です。

 

元々触診も非常に軽いものですが、
触れられること自体に抵抗がある状態なので、
患部には触れない方法を選択しました。

 

収縮が強い上半身は触らせてくれないので、
右手で腰の辺りを触って体の組織の状態
(間質液の動き)を感じると、
細かすぎて感じ取れないほどの
強烈な痙攣が感じました。

 

右手はそのまま組織の状態を感じながら、
同時に左手でソウルの状態を調べてみると、
かなり重くて強い停滞を感じました。

 

手当

 

停滞しているエネルギーの種類を特定し、
そのまま左手で浄化を始めると、
右手で感じていた組織がすぐに反応し、
明らかに変化し始めました。

 

最初は超高速の痙攣だったのが、
すこし大きめの振動に変わり、
やがてゆったりとしたに変わりました。

 

同時にマルの上半身の収縮も解けてきて、
肩回りを触っても唸りも怒りもしなくなり
呼吸が楽になったのか、ぷしゅーっと
鼻から息を吐きだしていました。

 

そして、停滞エネルギーを浄化し終わると
ほぼ同時に、「もう用は済んだ」とばかりに
すくっと四つ足で立ち上がり、
少し離れたところまで普通に歩いて移動し、
そこで丸まって寝始めました。

 

トイレから帰ってきてここまでで
およそ3分の出来事でした。

 

以前は実際にペットにも調整をしていましたが、
こういう時、対処する術を知っていて
本当に良かった
と心から思います。

 

動物はソウルが純粋なだけに、
人間よりも遥かに繊細です。

 

そして特にペットの場合、
ペット自身が単独で問題を抱えることは
あまりありません。

 

もしペットが問題を抱えるとしたら、それは
飼い主の状態を映し出していることが多いです。

 

特にペット
飼い主のソウルの一部でもあるので、
飼い主のソウルの状態と連動します。
そして場合によっては、身を挺してでも
飼い主のソウルを守ろうとします。

 

今回のケースも、
特に今は時期的に妻の調子がイマイチなので、
マルのソウルが共鳴しているようでした。

 

また飼い主が強いストレスを抱えているのに、
ストレスを自覚していない、
あるいはそのストレスを無視していると、
ペットも重い病気を抱えることが多いです。

 

ペットもソウルの一部であり、自分の鏡です。
ペットへの態度・言動は、
自分に対して行っている態度・言動
です。

 

もしペットの具合が悪いとしたら、
まず自分自身が無理をしていないかどうか
省みる必要があります。

 

そして、自分自身をケアすることは、
ペットをケアすること
でもあり、
その逆もまた然りです。

 

飼い主さんが、無理をしないで、
自然に笑顔になれて、元気でいること。

 

それこそが、
ペットにとって一番のソウルケアなのです。

 


 

ビオハーツ 庵原央

 


 

なんでもない日常が特別だと気付くために、
具体的に日々の暮らしの中に取り入れて
実践できるソウルケアを提案する、
ビオハーツ公式の無料メールマガジンです
(無料配信中)

日常を特別にするソウルケアライフ
http://bio-hearts.com/mail-magazine

 


 

この記事の内容の
無断コピーや転載は固くお断りしますが、
シェアは大歓迎です。

 

純粋さ

私とワンコがつながる瞬間

 

昨日は妻の誕生日。
しかし東京は昼前から大雪で、
路面にも雪が積もっていました。

 

そんな状態なので、
自宅でのんびりかなと思っていたのですが
(本人でそんな投稿もしてたような…)
雪国出身の血が騒ぐのか、
どんどん降り積もっていく雪も気にせず
「雪が積もった井の頭公園に行こう!」
と無邪気にのたまう妻。

 

基本的に雨と雪はあまり好きではないので
極力外出は避けるのですが、
誕生日だし、東京では珍しい雪だし、
妻の嬉しそうな無邪気な笑顔に負けて
(と言っても嫌々ではないですよ)
二人(マルは留守番)で歩いて公園へ。

 

井の頭公園にある陸上用のトラックは、
ふんわりした雪がぶ厚く雪が積もり、
北側の林の方から歩いてくると
急に樹々が減って空間が開けるので
まるで広大な雪原でした。

 

その雪原を、雪を巻き上げながら、
嬉しそうに全力で駆け抜ける
ちょっと大きめのワンコたち。

 

小柄なうちのマル(トイプードル)には
ちょっと厳しそうな雪の量だけど、
彼らには丁度良さそうです。

 

ザックザックと一匹が近づいてきて、
僕らの顔を覗き込んで、
笑顔で挨拶してくれたかと思うと、
また全力で遥か彼方の飼い主さんの方へ。

 

笑顔

 

その本当に嬉しそうな
表情と動きを見ているだけで、
こちらも自然に笑顔になります。

 

嬉しさで満たされた彼(彼女?)のソウルに
僕のソウルが共鳴したからです。

 

そしてソウルが共鳴しただけでなく、
同時にソウルに癒しが起こった時
表情や行動が相手と一致するだけではなく、
ふっと心が緩んで楽になる感覚があります。
それがソウルが癒された感覚です。

 

神経学的に言えば、共感・共鳴は
ミラーニューロンによる反応であり、
誰しも自然に行っていることです。

 

しかし、共感や共鳴によって、
心が緩んで楽になるという感覚は
いつでも起こるかと言えばそうでもなく、
発動にはある「条件」が必要だと思います。

 

心の底から喜んでいる姿

美味しそうに無心に食べている姿

ひたむきに何かに取り組んでいる姿

ただ凛としてあるがままにある姿

畏怖すべきほど雄大で繊細な自然の姿

 

これらの姿に共通するのは「純粋さ」です。

 

私達のソウルは「純粋さ」に共鳴し、
癒されるのです。

 

そしてなぜ共鳴するのかと言えば、
自分のソウルにも純粋さがあるからです。

 

共鳴

 

しかし、ソウルの純粋さは
やるべきこと、なすべきことが多すぎる
日々の生活の中で徐々に埋もれていき、
いつしか忘れされられてしまいます。

 

埋もれてしまった自分のソウルの純粋さを
外側の世界を通して見つけた時、
内側と外側のソウルの純粋さが共鳴し、
自分のソウルの純粋さを思い出します。
それによって癒しが起こるのです。

 

また、ソウルは個性を司るため、
自分のソウルが反応する純粋さにも
ある程度ソウルの個性が反映されます。

 

僕は特に犬のソウルの純粋さに
めちゃめちゃ共鳴して癒されます。
(犬の純粋さは泣けて泣けて仕方ない…)
でも中には猫の方が!という方もいます。
これは、ソウルの個性によります。

 

雪の中で跳ね回るワンコたちを眺めつつ、
マルもここに連れてくれば良かったかなぁと
思いましたが、雪を喜ばないのは確実なので
留守番しててもらって正解だったかなと。

 

案の定、夜の散歩で雪の歩道に降りた時、
一歩も動かず僕を見上げて
「ここホントに歩くの?」という怪訝な顔。
そして雪に挑むこともなくそそくさと帰宅。

 

僕に似たのか、雨と雪は好きではないようです。
犬にも個性がありますね(´ω`)

 


 

人生とは、
身体を通して表現されるソウルの働き。

ソウルを理解すること、
そしてソウルをケアしていくことで、
毎日の日常が「特別」に変わります。

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare