タグ別アーカイブ: 疲れが抜けない

睡眠中

寝ても寝ても疲れが抜けない…隠れ睡眠不足かも

  • 眠ったけど疲れている…
  • 朝起きて第一声が「あ~疲れた」…
  • 夜中に何回も起きてしまう…
  • いつでもどこでも眠くなる…
  • いくらでも眠れる…
  • 寝ても寝ても疲れが抜けない…

 

こんな症状に身に覚えはありませんか?

 

「Yes!」と答えたあなた。
そんなあなたの身体は、
実は「眠れていない」かもしれません。

 

眠れていないと言えば
睡眠時無呼吸症候群が有名ですが、
実はそうでなくても
近い症状がでることがあります。

 

普段、身体や心が過度に緊張していると、
緊張のスイッチが入りっぱなしになり、
身体はその状態が普通だと勘違いし、
システムが書き換えられてしまいます。

 

この間違った書き換えが起こると、
横になっても身体はまだ働いていて、
しっかり眠って休んだつもりでも
身体は全く休めていません。

 

当然、疲れもとれません。

 

自分が普段どれだけ緊張しているか?
これは自覚するのがとても難しいです。

 

こんな症状、身に覚えはありませんか?

 

・無意識で歯を食いしばっている
・椅子に座っている時爪先立ちをしている
・気がつくと肩が上がっている
・電車では眠れない

 

などなど・・

 

本来はオフになっていいスイッチが切り替わらず
常にオンのまま緊張しているのです。

 

頭は休んだつもり、眠ったつもり。
しかし身体は全く休めていない。

 

こういう状態になると
やりたい事はあっても身体は動けません。
妄想・空想・机上の空論ばかりで
実際に物事を動かす事が出来なくなります。

 

身体はスイッチの切り方を
忘れてしまっているので、
疲労は溜まるばかり…

 

更に長い間こんな状態が続くと
やりたい事もわからなくなって
心も動かなくなっていきます。

 

身体をオフにして
しっかりと休養をとることは、
とても重要です。

 

ゆっくりお風呂につかる。
気がついたときに深い深呼吸をする。

 

そんな些細な事でも、
身体に意識を向けて労わってあげれば
それは身体にはご褒美になります。

 

ビオハーツにいらっしゃる方で
「家では眠れないのに、
ここではものすごく良く眠れる!」
とおっしゃる方が多いですが、
緊張のスイッチを
切れなくなっている状態の方が多いです。

 

傾向としては、特に頭脳労働や、
考えるのが得意とする方に多いです。

 

寝ても寝ても眠い方や
どれだけ眠っても疲れがとれない方は
「隠れ睡眠不足」を
疑ってみる必要があるかもしれません。