手術

ソウルの性と肉体の性

僕と妻のささやかな楽しみのひとつが、
ちょっとした季節の果物をつまみながら
お気に入りのアールグレイの紅茶を飲みつつ
夜、二人でDVDを鑑賞することです。

先日、「リリーのすべて」
という映画を観ました。

 

※ 一部ネタばれを含むので、
これから観ようと思う方はご注意ください

※ いろんな見解があるかと思いますが、
あくまで私個人の感想だとご理解ください

 

この映画のモデルとなったのは、
リリー・エルベは実在の人物で、
世界初の性別適合手術(男性→女性)
を受けた方です。

この映画を観て…切なすぎて泣けました。
でも、やりきったリリーは
きっと幸せだったんだろうなと思います。

そして、DVDを見終わってからふと、
性別適合手術を乗り越えた友人が
すぐ身近にいることを思い出しました。

彼はリリーとは逆で、
女性の肉体で生まれてきましたが、
ソウルは男性でした。

今の彼は完全に男性なので、
彼が元々トランスジェンダーだった事実も
本当にきれいさっぱり忘れていて、
それを忘れていたという事実に驚愕でした。

僕らが彼と知り合ったのは、
まだ彼が女性の身体だった頃でした。

僕はそれまで
トランスジェンダーと接した経験がなく、
彼らの苦悩や大変さがどれほどのものかを
想像したこともありませんでした。

しかし施術で彼に触れた時、
肉体とソウルの姓が一致しないことによる
想像を絶するほどの葛藤が、
とてつもない量と質の制限として
ソウルと肉体にたたみ込まれていることが
痛い程わかりました。

実際、その当時はかなり体調も悪く、
写真で見ても顔がかなりむくんでいて
ほとんど別人のようです。

数年前、彼は海外で
性別適合手術を受けました。

本人から
これから手術を受けるという話を聞いた時、
何とも言えない複雑な気持ちになりました。

まず最初に思ったのは、
彼の身体にかかる負担についてです。

ソウルケアのベースにもなっている
オステオパシー的に考えると、
手術によって筋膜を傷つけることで、
後々まで影響しうる非常に強い制限が
身体に残ってしまう可能性があります。

実際それまでにも
手術の後遺症に関する相談や
施術は何度も行っており、
その症状のつらさと大変さは
良くわかっていました。

ソウルと肉体の性を一致させたとしても、
代償が大きすぎないか?

また、自然と生命の最高傑作である
肉体という完璧なシステムを
人の手で変えてしまったとしたら、
どんな弊害が起こるか…

当時はソウルケアという概念も
まだ自分の中で明確ではなかったため、
肉体への負担や制限の影響など、
結果ばかりにフォーカスしてしまい、
「できるなら手術は避けてほしい…」
という気持ちがあったのです。

しかしその一方で、
あれだけの葛藤と制限を抱える原因となった
ソウルと肉体の性の不一致を修正できたら、
例えなんらかの代償を負ったとしても
間違いなく楽になれるはずだ、という
手術に賛同する気持ちもありました。

でも結局、手術をすることに対して
僕がどう感じるかは重要ではありません。

大事なのは結果はどうあれ、
「あなたと、あなたの選択は正しい」
と、その時の彼を肯定することでした。

手術による制限が残る可能性と、
術後のケアは重要になるはずだから、
帰国したらまた来るようにと伝えました。

その後、彼は手術のために渡航しました。

その手術はあまりに凄まじく、
恐ろしくてとてもここでは書けませんが、
生きて戻ってくれて本当に良かったです。

そして、帰国後。
訊ねてきた彼の身体を検査した時、
あまりの変化に驚愕しました。

恐ろしく負担のかかる、
強烈な手術を経験したにも関わらず、
どうやっても反応しないくらいに
全身に蓄積したあの強固な制限が、
信じられないくらい解放されていたのです!

負担がかかる手術を経験したにも関わらず、
なぜむしろ肉体の制限が激減したのか?

それは、
ソウルと肉体の性の不一致の解消によって、
彼が子供のころから長年ずっと抱えていた
ソウルの葛藤が激減したからです。

自分を縛っていた人生の制限から、
文字通り解放されたのです。

本当に信じられない出来事でしたが、
ソウルと肉体の相関性を明確に示してくれた
この出来事は、実はソウルケアの構築にも
少なからず影響しています。

今の身体の状態や自分を取り巻く現実は、
ソウルの状態の反映です。

本当の自分を知り、
本当の自分に戻るということが
本当の幸福につながる。

…という事実を、
「リリーのすべて」を観て思い出しました。

良かったら、皆さんも観てみてください。

 


本当の自分を知り、
本当の自分に戻るためには
ソウルについて知る必要があります。
なぜなら、あなたの世界は
ソウルの状態が反映されたものだから。

セルフソウルケア・プログラムは、
ソウルを知り、ソウルに触れ、
ソウルを癒し探求するための二日間です。

セルフソウルケア・プログラム
http://bio-hearts.com/self-soulcare