序文

健康に関する悩みをお持ちの方へ

生きていく上で
悩みが尽きることはないかもしれませんが、
特に健康に関する悩みは
非常に多くの方が抱えています。

 

当然、誰もが
痛みや苦痛のない人生を望みます。

 

しかし…
究極的なことを言ってしまえば、
肉体を持っている限り
この問題からは誰も逃れられません。

 

ある意味、
この肉体はレンタカーのようなもので、
基本的に返却期限は決まっています。

 

しかも扱い方によっては、
返却期限よりもだいぶ前に
廃車になってしまうかもしれません。
そして残念なことに、
ほとんどの方が該当します…

 

あるいはひょっとして、
とても大事に扱っていたら
返却期限が延長される…
なんてこともあるかもしれません。

 

実は…
返却期限ギリギリまで
レンタルした肉体を使い切るためには
必要不可欠な要素があります。

 

それは、
「自分自身」に対する
正しい知識認識ケアです。

 

私達は、
自分自身の心身に関して 驚くほど無知です。

 

小学校や中学校では
保健体育などで多少勉強しますが、
内臓の位置を正しく理解している人さえ
医療関係者以外ではほぼ皆無でしょう。

 

そして日々、
心身にとてつもない負荷がかかっていて
その負荷をどこにどれほどどのように
蓄積させているかを
認識している人はほとんどいません。

 

もしこのことを
ひとりひとりが理解していたとしたら、
どれほど多くの人々が
不快な症状や疾病から解放され、
そうした問題を抱えずに済むことか…

 

それほど自分自身の身体に対し
無意識でいられるのはなぜでしょう?

 

それは、身体のことは
医者に診てもらわなければダメだと
徹底的に刷り込まれているからです。

 

国の機構の中でも、医療は特別扱いです。
人の健康を扱うのですから
確かに特別なのはわからなくはないです。

 

しかし、だからといって
私達自身が自分の身体への責任
放棄していいという話ではありません。

 

医師がスペシャリストであるのは
間違いありませんが、
本来私達は、まず自分が
自分自身の主治医
であるべきなのです。

 

そしてそのためにはまず、
人間の本質的な構造」
を知る必要があります。

 

なぜ誰もが
人間の本質的な構造を
知る必要があるのでしょうか?

 

理由は簡単で、
構造の知識があれば、
仕組みを理解することができ、
仕組みがわかれば
メンテナンスが必要である理由も
実際のメンテナンス自体も
自分自身で責任をもって行うことで
より効果的になるからです。

 

このサイトでは、
あらゆる人に知っておいていただきたい
「人間の本質的な構造」について
記述していきたいと思います。

 

そして、
「人間の本質的な構造」を理解することで
健康に対する意識も変わると同時に
健康に関する悩みも変わると確信します。

 

この人間の本質的な構造は
現代の医療からみたら
奇異なものに映るかもしれません。

 

しかし、
良識をお持ちである皆様には
私が言わんとしていることが
伝わると信じています。

 

ひとりでも多くの方に伝わり、
それぞれの健康に関する意識に
変革を起こしていただけたら幸いです。