時間とお金

毎月通わないとダメですか?

「毎月通わないとダメですか?」

この言葉の背後にある真意は、

「身体のメンテナンスばかりに
そんなお金と時間かけてられないんですよ」

ということでしょうか。

まずそもそも、
毎月通うことは目的ではありません。

何のために
ソウルケア・ソウルメンテナンスを
行っているのでしょうか?

それは身体のためだけではありません。

身体的な症状はもちろん
ソウルの状態が反映された結果ですが、
パートナーシップでの問題や
仕事や人間関係で起こる問題も
ソウルの状態の反映です。

つまりソウルの状態は
人生の状態に反映されます。
だからこそメンテナンスは重要なのです。

生きている限り毎日食事が必要なように、
ソウルケアも毎日必要です。

普段自分だけで
ソウルケアが十分にできるなら、
それでも良い思います。

しかし、ソウルを意識し、
ソウルのための食事をしていますか?
ソウルを掃除していますか?
正直それだけでも難しいはずです。

僕とパートナーは、
毎日、セッションが終わるたびに、
即、必ずお互いのケアをします。

すぐに ケアしておかないと
時間が経ってから大変になることが
わかっているからです。

それに加え、夜寝る直前にもケアしますし、
必要と気付けば深夜にでも行います。

その上で、
毎月プロのエネルギーワーカー同士で
エネルギーメンテナンスを行っています。

僕の中では
ケアは日々の応急処置
メンテナンスは定期的な保守
という解釈ですが、

このメンテナンスは非常に重要で、
定期的に行うことで
大きな流れでの状態の変化の確認や、
進化と成長のための気付きが得られます。

エネルギーメンテナンスは
心身の状態はもちろんですが、
パートナーシップ仕事の状況にも
非常に大きく影響します。

もう3年以上も続いていますが、
このメンテナンスをしていなかったら
今の状況は全く違っていたでしょう。
考えるだけでぞっとします。

ソウルケアの4つの領域でも書きましたが、
自分たちだけでは扱えない領域が
必ず存在します。

その自分では扱えない領域を
客観的に外から見て教えてもらうことで、
自分たちの認識の領域が拡張され、
可能性が広がり、新しい変化が起こります。

メンテナンスは、
ただ維持するためだけに行うのではなく、
更なる進化と成長のために行うのです。

ここを勘違いすると、
非常に勿体ないことになります。

一流と呼ばれている人たちは、
自分自身でのケアやメンテナンスを
尋常ではないレベルで徹底的に行いながら、
その上でエキスパートに依頼
客観的にチェックすることを決して怠りません。

彼らは、自身を健全に保つためにも、
人生をより拡張していくためにも、
メンテナンスしないことが
どれだけ非効率的であるかということを
明確に理解しているからです。