フルフォードD.O.の施術ベッド

留学経験によるギフト

当時唯一のオステオパシー専門学院の
JCOに入学した時、
同期は自分も含め3名しかいませんでした。

 

年齢は皆ほぼ同じくらいだったのですが、
他の二人と違っていたのは、
留学経験者だった自分は、
英語が堪能だと思われていたこと。

 

当時、日本ではまだまだ情報が少なく
多くの情報が英語のままでした。

 

またJCOの母団体である協会が
年に何回か海外から著名な講師をお招きして
国際セミナーを開催していたため、
英語が話せる人材は重宝されました。

 

留学経験があったおかげで、
学生の期間である3年間は
毎回、固定のスタッフとして
国際セミナーに参加させてもらえたのです。

 

もちろん、
セミナー中は諸々の仕事があったので、
普通の受講生のようには学べません。

 

しかし、
ワールドクラスのオステオパスの傍で
時間と空間を共有させてもらえたこと、
ソウルを共有させてもらえたこと、
直にコミュニケーションをとれたことが
自分にとってとてつもない財産になりました。

 

彼らが与えてくれた
メッセージや気付きが羅針盤となり、
ぶれて迷っていた自分の方向性を
的確に修正してくれたのです。

 

無駄にしか思えなかった
あの留学体験がなければ、
この財産は決して手に入りませんでした。

 

そして、更なるギフトがありました。

 

敬愛するロバート・フルフォードD.O.
「いのちの輝き」を読んだ頃には
残念ながら既に他界されていました。

 

その晩年のフルフォード夫妻の
主治医をされていた
ザッカリー・コモーD.O.とJCOがつながり、
コモー先生が教鞭をとっている
アメリカのウェストバージニア州の
オステオパシー医科大学であるWVSCOM
West Virginia School of Osteopathic Medicine
とJCOが提携し、海外研修が実現したのです。

 

その海外研修にあたり、
アメリカに住んでいた経験もあったため
半ばコーディネーターとして
事務局とコモー先生との間に入りました。

 

そのおかげで海外研修中、
常にコモー先生の傍で直接話を伺い、
質問することができ、
またコモー先生も通訳を介さず済むので
講義では伝えきれない情報を
後で直接教えてくれたりしたのです。

 

研修中、コモー先生は、
フルフォードD.O.の遺品を所持しており、
実際にフルフォードD.O.が使用していた
施術ベッドを大学に持ってきてくれました。

 

そのサプライズに、僕だけでなく
学生全員が狂喜しました。

 

そして更に、そのベッドで僕をモデルにして
施術のデモを行ってくれたのです。

 

ザッカリー・コモーD.O.

 

基本的に人に憧れたりしない自分が、
ほぼ唯一憧れた人の、
それも本当に自分にとって特別な遺品に
触れさせてもらえたことは、一生忘れません

 

しかもそのベッドで施術してもらえたのは
学生の中で僕だけでした。

 

遠回りで無駄だったとばかり思っていた
留学経験が、思いもしない形で
ギフトとなったのです。