カテゴリー別アーカイブ: よくある質問

あと何段?

何回で治りますか?

この質問も、よく受けます。

「何回通ったら治りますか?」

僕らはこの言葉を聞くと、
ひどく悲しい気持ちになります。

そう言い放つクライアントさんの隣には、
栄養不足でボロボロになった
小さな子供のようなソウルが見えます。

そのソウルを指さし、
「この子、何回通ったら治るの?」
と食事をあげていないことも棚上げしてる
ネグレクトの親のように見えます。

逆に僕は聞きたいです。

「どれだけ長い間
自分のソウルを無視していたか、
気付いていますか?
そしてそれに対する謝罪の気持ちと、
自らの非を認める気持ちはありますか?」

それを認めた時、癒しが起こります。

変化は予想以上に速やかに起こるでしょう。

しかし残念ながら、
治してもらおうという意識の方は、
どれだけ通っても堂々巡りです。

そもそも、治るとはどういう状態か?
症状が消えたら治ったと言えるのか?

肉体に出ている症状は
数回の調整でもある程度は緩和し、
楽になるかもしれません。

しかし、その症状を引き起こしていた
ソウルの状態が改善されない限り、
問題は何度でぶり返します。

どうすればソウルの状態が改善されるか?
それが、自分自身と向き合うことです。
自分がソウルを無視し傷つけていたことを
認め、受け入れ、謝罪することです。

何故その症状が起こっていたのか?
そこに向き合う手伝いはできますが、
向き合うのは自分自身でしかできませんし、
向き合わない限り、結局は治りません。

叔母の一人が働き過ぎて体を壊し、
長い間漢方医のところに通っていました。

その漢方医は4回も癌になったけど、
漢方で治したとよく自慢していたそうです。

…それって、治ってないですよね?

漢方で一時的に癌は退縮したのでしょう。
しかし、本質的な問題は解決していません。
向き合うべき問題に向き合うまで、
何度でも再発してしまうのです。

更に言えば、
今ある症状が治ったとしても、
ソウルケアは日々行う必要があります。

病気が治っても毎日食事は必要なように
生きている限り、
ソウルケアにも終わりはないのです。

無痛

好転反応が怖い…

先日、
ビオルミクス・アドバンス講座修了生から
こんな相談を受けました。

かなりの症状を抱えた方に
施術を行ったところ、
施術後に強い好転反応が出たために、
怖くて施術を受けたくない
と言われたというのです。

好転反応自体を未だにまやかしとか、
揉み返しと混同して非難する方もいます。

揉み返しは、単純に技術不足によって
組織が損傷し炎症を起こすこと原因です。
これは好転反応ではありません。

ひとつ確認しておきたいのは、
好転反応が起こるのは
施術に問題があったからではなく、
むしろ適切な施術を受けたことで
身体が現状を正しく認識したために
起こる 反応だということです。

つまり、施術前の身体は
身体の認識を間違って認識していて、
クライアントさん自身の身体が、
強い痛みを感じている状態だったのに
麻痺させて痛みを感じないようにしていた
ということであり、
その麻痺が解けたから、元々あった痛みを
感じられるようになっただけなのです。

施術中に非常によくある光景ですが、
クライアントさんの全身を検査した際、
明らかに固着している制限を見つけて
触れながら「ここは痛みますか?」聞くと、
最初は「痛くないです」と皆さん答えます。

しかし、そのまましばらく触れながら
制限を解放していくと、唐突に
「あ、そこは痛いです」と言い出します。
こちらはずっと同じ部位を触れているのに。
麻痺が解けて感覚が戻ったために
痛みが感じられるようになったのです。

このような麻痺は本当に頻繁に起こります
そして誰でも身体のどこかに持っています。

腕が動かなくなり何も感じないというような
完全な麻痺とは異なるので、
麻痺という言葉が医療的に問題であれば、
意識からの分離といっても良いでしょう。

どうにもならない痛みを
ずっと感じているのはあまりに不快なので、
痛みが出ている組織を
意図的に意識から切り離し分離することで、
痛みを感じない状態にしてしまうのです。

状態によっては完全に切り離せずに
慢性痛として感じる場合もありますが、
意識からはかなり切り離されています。

意識が届かないという状態は
すなわち生命力が届かない状態なので、
自然治癒が起こりにくくなります。

しかも、 ただ治癒が起こらないというだけでは
済まなくなります。

生命力は細胞や組織に秩序を与えます。
秩序があるからこそ、
細胞の代謝や生理的プロセスが保たれ、
組織として維持されているのです。

もし生命力が届かない状態が
延々と続いたとしたら、
分離した組織はやがては完全に秩序を失い、
本来の組織として維持されなくなります。
これが組織の変性、つまり疾患です。
(ここまでくると病院で扱ってもらえます)

最初の話に戻ると、
好転反応が強くでたということは、
それだけ自分自身のソウルと身体の状態が
ひどい状態だということにも気付かず
無視していたということです。

施術を受けることで
意識が切り離されていた組織とつながり、
やっと現状を把握したために、
正常な痛みを感じられるようになった、
あるいは蓄積させていた老廃物を
正常に排出できるようになったからこそ、
好転反応が起こるのです。

なので、好転反応に文句を言うのも、
セラピストに文句を言うのも、
完全にお門違いです。

もし、好転反応が怖いのであれば、
最大限のセルフケアを行う必要があります。

意識を身体に、魂に向けることで、
分離された部分が統合され、
自分自身の状態が正しく認識されます。

セルフケアだけでは限界がありますが、
セルフケアでしか届かない領域もあります。
ソウルケアの4つの領域

なにより、誰のものでもない
あなたの肉体であり、魂であり、人生です。
病院もセラピストも結局責任はとれません。
自分で全ての責任を負う必要があります。

厳しく聞こえますが、
そもそも医者にもセラピストにも、
あなたを治す力は一切ありません。
きっかけを作ることしかできないのです。

あなたが治るのは、
あなたが魂をもった存在だからです。
それ以外に理由はありません。

治療も施術も全て、
あなたのソウルの生命力(自然治癒力)
前提としています。
だからこそ、ソウルケアが重要なのです。

>> 何回で治りますか?

わからない…

施術を受けてもよくわからない…

セラピーを受けたけれど、
あるいはヒーリングを受けたけれど、
何をされたかもよくわからないし、
効果もよくわからない…

という方は、
適切なエネルギーワークを選べていない
あるいは
肉体の状態がひどすぎる場合が多いです。

肉体がひどい状態ということは、
確実にソウルはもっとひどい状態です。

人はある程度の状態になると
ソウルも肉体も麻痺させます。

生き延びるための苦肉の策なのですが、
残念ながら、苦痛を感じなくなっても
負荷がなくなったわけではありません

はっきり言えば問題を先送りにしただけで、
その状態を繰り返せば負荷は蓄積され、
(麻痺しているので)気付かないうちに
状態はどんどん悪化します。

多くの人は、身体に違和感を感じた時、
「たまたまだろう」とか
「気のせいだろう」と、
恐ろしいほど楽観的に解釈します。

しかし、
問題がなければ症状は起こりえません。
一度でも症状が起こったということは、
現状を見直す必要があるということです。

問診をしていると、
「数年前までひどい腰痛がでてましたが、
放っておいたら治りました」
といった話をよく伺います。

典型的な麻痺タイプです。

このタイプの方は、
残念ながらほとんどの場合、
腰椎の椎間板が圧縮され完全に弾力を失い、
いつ急性腰痛やヘルニアが起こっても
全く不思議ではない状態になっています。

更に重度になれば、
脊柱管狭窄症などにもなりかねません。

違和感で対処し始めればまだ良い方ですが、
慢性痛や痺れがでてきたら
だいぶ状態は進行しています。

しかし、この段階でも
病院では原因がわからないと言われて
痛み止めや湿布をだされてお終いです。

なぜ医療機関ではみつけられないのか?
それは、見ている領域が違うから、
ソウルの領域なんて論外だからです。

ソウルは感覚感情思考意識を通して
肉体とつながっています。

ソウルに負荷がかかった時点で、
ソウルが敏感な方はそれだけで
なんらかの違和感やしんどさを感じます。

この段階では、
生理学的な変化はほぼ起こっていないので
医療機関では全く問題は見つけられません。

やがてその負荷が
筋膜レベルに反映されます。
この時点で、よっぽど鈍い人以外は
身体になんらかの違和感を感じます。
しかし多くの場合、放っておけば治るだろうと
自分で押し殺してしまうのです。
これが麻痺への第一歩です。

そしてこの時点でも、
検査で見つけられるような大きな変化はなく
医療機関では問題は見つけられません。

更にその筋膜レベルの制限が、
細胞レベルにまで落ちてきて、
細胞の変性(=疾患)が始まってやっと、
医療機関の検査で異常がみつかります。

こうしてみると医療機関にだけ頼るのは
だいぶ後手に回ることになります。

疾患のレベルにまで達してしまった場合、
医療機関での治療も必要になってきますが、
ソウルと肉体の状態をクリアに保てば
変化や異常に自然と気付けるので、
疾患を予防することは十分可能なのです。

その第一歩として、
まず自分がどれだけソウルと肉体を
麻痺させているかを確認してもらい、
麻痺を解いて統合していくことが肝要です。

>> 好転反応が怖い…

 

小顔矯正はやらないんですか?

頭蓋骨の調整などの話をすると、

「小顔矯正とか、やらないんですか? 」

と、たまに訊かれます。

確かに施術後に「顔が小さくなった!」と
喜ばれる方もいらっしゃいます。

でも、通常は結果的にそうなっただけで、
(要望があれば多少は考慮しますが…)
正直狙ってやってはいません。

全体を確認した上で
顔面骨を調整するのはありえますが、
小顔にするためだけに
顔面骨だけを調整することはないです。

大きな頭や顔の歪み、首の捻じれも
心身の「制限」が積み重なった上での
バランスの結果とも言えます。

そうした制限が解放されると
帳尻合わせで二次的に起こっていた
顔や顎や首の問題や症状が
自動的に調整されていきます。

なので、顔を直接いじらなくても
小顔になることはあります。

しかし、「逆も然り」です。

帳尻を合わせている顔や顎や首を
原因や理由を考えず安易にいじると
やっと帳尻をあわせていたバランスを
一気に崩してしまう危険性を伴います。

なので、小顔にしようとすることだけに
フォーカスするのは、非常に危険です。

小顔矯正サロンと呼ばれるところでは、
「頬骨を内側に押し込んで小顔にする」
のが一般的だそうです。

無理な矯正は
重篤な後遺症を残すこともあります。
是非、慎重に選んでください。